top of page

新規論文:Large-scale single-virus genomics uncovers hidden diversity of river water viruses and diversified gene profiles

論文概要


シングルウイルスゲノム解析で河川ウイルスの多様性を解明


当研究室は、これまで微生物を対象としたシングルセルゲノム解析技術を発展させ、主に細菌・アーキアに適用してきました。本研究ではその対象をウイルスに拡張したシングルウイルスゲノム解析技術を開発し、河川水中のウイルスの多様性と遺伝子プロファイルを明らかにしました。


この新技術により、1つ1つのウイルス粒子から直接ゲノムを解読することが可能となり、従来のメタゲノム解析では捉えきれなかった多様なウイルスゲノムの解析に成功しました。その結果、1,431の新規ウイルスゲノムを発見し、そのうち99.5%が種レベルで新規のものでした。


本研究では、ウイルス間での遺伝子の水平伝播や、同種ウイルス内での遺伝子の多様性も明らかになりました。特に、宿主バクテリアの防御機構から逃れるために重要なメチル化酵素遺伝子の多様性が確認されました。


この成果は、環境中のウイルスの多様性と機能の理解に大きく貢献し、微生物生態系の解明や新たな抗ウイルス戦略の開発につながる可能性があります。


本研究は、西川さん(産総研-早稲田OIL)・我妻さん(早大 竹山研D3)が筆頭著者として研究を推進したものです。


Large-scale single-virus genomics uncovers hidden diversity of river water viruses and diversified gene profiles Nishikawa Y, Wagatsuma R, Tsukada Y, Chia-ling L, Chijiiwa R, Hosokawa M, Takeyama H. ISME J. 2024 Jul 8 https://doi.org/10.1093/ismejo/wrae124




最新記事

すべて表示

Preprint公開: PET分解酵素の発見と改良

土壌細菌由来の新しいPET分解酵素bbPET0069に関する研究内容をPreprintで公開しました。3Dモデリングとタンパク質工学を用いて、PETをモノマーに分解する酵素の能力を最適化し、他の酵素と組み合わせることで、PETの分解を大幅に促進することができることを示しています。https://doi.org/10.1101/2024.02.01.578500

Comments


bottom of page